品質方針

「社員と社会に還元する経営」の企業理念に基づき、顧客の要求に合致したサービスを提供し、積極的に改善を進める体質の会社とするために、

品質保証の仕組みを作り、以下のことを実践する。

  1. 要求事項を満たし、有効性の継続的改善を図る品質マネジメントシステムを構築する。
  2. 品質マネジメントシステムを実施、維持及び継続的に改善するために必要な資源を確保し、適正に割り当て、関係する全ての従業員が参画できる環境を創り出す。
  3. 品質方針に則って、品質目標と品質目標を達成する施策を毎年度の初めに関連部門に計画させ、その活動状況を毎月フォローする。
  4. この品質方針を文書化し、社内に掲示して関連する全ての従業員に伝達する。また、品質会議などの機会を通して品質方針の狙いを理解するようにする。
  5. マネジメントレビューを実施し、品質方針を含む品質マネジメントシステムの適切性について見直しをする。
  6. 利害関係者(お客様、協力会社、社内関連部門、社員)とのコミュニケーションを大切にし、信頼関係を高める。

ツリーベルは今後とも、品質向上に努め、お客様の要求に応えられるよう、努力して参ります。 皆様の、より一層のご協力をお願い致します。

2016年 9月 6日
株式会社ツリーベル
代表取締役社長 坂本 敏彦