メンタルヘルスケア方針

当社は、社員のメンタルヘルスケアの意義と重要性を深く認識し、社員が心身の健康を維持し、活力に満ちて働けるよう、以下の事項を実施し、社員のメンタルヘルスケアの確立、及び改善に、会社を挙げて取り組みます。

  1. 健康情報の提供
    社員に対し、メンタルヘルスに関する知識や、その他の健康対策・ストレスの予防・軽減・対処法などの情報提供を行います。
  2. 相談体制の整備
    社員が心身の不調を感じた際に、産業医との面談を通じて、健康の回復を図れるよう、相談しやすい体制を整備します。
  3. ストレスチェックの実施
    全社員に対し、少なくとも年1回、ストレスへの気付きを目的としたストレスチェックを実施します。
  4. 教育
    管理職に対し、部下の変化に気付き、相談に対応し、健康管理ができるよう、メンタルヘルス研修を実施します。
  5. 労働環境の改善
    計画的な年次有給休暇の取得促進などを通じ、肉体的・精神的疲労の蓄積の防止に努めます。

制定日:2015年9月1日
株式会社ツリーベル
代表取締役 坂本 敏彦