nimble storage CS

進化を続ける革新的ストレージ ニンブルストレージ CSシリーズ

時代はハイブリッドストレージ

HDDはSSDに比べてランダムなアクセスが遅く、性能のボトルネックが発生しやすいだけでなく、モーターを使うことにより消費電力が大きいという欠点を持っています。

一方、SSDは大幅な高速化と省電力化が図れる反面、HDDに比べて容量単価が高くなります。

そのため、SSDとHDD両方の特徴(高速、省電力、大容量)を持つ、ハイブリッドストレージが主流になりつつあります。

課題

解決

ニンブルストレージの特長

最新のアーキテクチャとライフサイクル全体での高いコストパフォーマンス

ニンブルストレージは、SSDとHDDの組み合わせにおいて性能や容量のコストパフォーマンスを追及したストレージです。購入から保守にわたるライフサイクル全体でのコストパフォーマンスを追及します。

【導入】

<すべてのソフトウェア機能をバンドル>従来のストレージでは、データ保護ソリューションや運用監視などにおいて別途ライセンス費用が必要でした。ニンブルストレージでは、追加ライセンスなしで豊富な機能が利用できます。

【簡単】

<短時間でのセットアップ>直観的なGUIにより短時間でセットアップができます。さらに、お使いのアプリケーションに手を加えることなくパフォーマンスを高めることができます。

【設計】

<事前に定義されたパラメータにより設計作業をシンプルに>HDDやSSD、RAID構成などは定義済みのため物理設計が不要です。さらに主要アプリケーション向けの最適値が事前定義されており、複雑なチューニングが不要です。

【運用】

<クラウドベースの運用監視・分析ツール InfoSight>シンプルで使いやすいクラウドベースのInfoSightは、安定稼働のための監視や自動障害検知だけでなく、潜在的なストレージの問題を膨大な稼働履歴を統計分析して予測・予防します。

【保護】

<強力なデータ保護>データ保護機能は、圧縮された個別のブロック単位で差分を識別するため、必要最小限のスナップショットデータだけを保持します。そのため頻繁なリカバリポイントの取得と長期にわたる保持が可能となりバックアップ運用を簡素化します。

【拡張】

<スケールアップ、スケールアウトに対応した優れた拡張性>システム拡張時に無停止でCPU、キャッシュ容量、HDD容量をアップグレード可能なスケールアップを実現します。さらにスケールアウト構成により柔軟なシステム拡張を実現します。

お問い合わせ先

〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9番6号 坂町Mビル
株式会社ツリーベル ニンブルストレージ担当
TEL:03-5366-8540 FAX:03-5366-8541

E-mail:salescounter@treebell.co.jp