お客さまと技術者の橋渡し役担当グループの売上達成も目指す

システム開発事業部
Shunsuke Yamamoto
2017年 中途入社
龍谷大学 経済学部

Work

技術者のスキルや希望を把握し
営業と協力してお客さまに提案

システム開発事業部では、金融、組込制御、情報通信、ヘルスケア、ERPの5つの業種を対象とするオンサイトでのアプリケーション設計・開発を行っています。私は現在、お客さまと技術者の橋渡し役を担う立場です。営業担当者も似た役割をしていますが、私は技術者一人ひとりのスキルや性格、キャリアプランなどを細かく把握し、営業担当者が持ち込む案件と技術者をどのようにマッチングさせていくかを考え、お客さまに提案しています。情報通信とERPを担当する課長として、売上目標達成のミッションも担っています。

Vision

大きな組織のマネジメントができる
力量を身につけたい

当初はSEとして現場でマネジメントするキャリアを思い描いていたのですが、今年度から今のポジションに就いたことにより、キャリアにおける目標も変わってきました。SE時代は後輩の育成に力を尽くしていたのですが、現在は部署としての売上や利益を考えるようになり、視野が広がりました。まだ異動したばかりなので、当面は任されている二つのグループの売上目標を達成することに専念したいと思いますが、将来はより大きな組織のマネジメントができるような力量を身につけたいと思っています。

Action

メンバー全員と面談し
業務遂行の適性を判断

お客さまの求める業務を遂行するうえで、技術者のうちの誰が適しているかを判断するためには、メンバー一人ひとりの性格、スキル、本人の希望するキャリアプランなどを詳細に把握することが不可欠です。そこで、メンバー全員と時間をかけて面談してきました。技術者のなかには自分よりも年長の方も少なくないので、話し方、態度、ヒアリングの仕方などコミュニケーションの取り方に注意を払い、お互いに有意義な話し合いができるように心がけています。

Company

社員を温かく応援する会社
役員など幹部との距離も近い

私は同業から転職により中途入社したのですが、面接の際に非常に細かく丁寧に私の希望をヒアリングしてくれたことに感激し、ツリーベルへの入社を決めました。社員に対して温かく、一人ひとりを応援しようという気持ちに溢れているのがツリーベルの強みです。ふだんお客さまのもとで仕事をしている社員が帰社すると、必ず誰かが声をかけて迎えています。役員など幹部との距離が近いのも特徴で、皆さん気さくです。コロナ禍以前は、よく飲みに連れていってもらいました。

College Days

最後までやり通す精神を培った

学生時代はバスケットボール部に所属していました。怪我で試合に出ることのできない苦しい時期もありましたが、途中で投げ出さず、最後までやり通すことができたことは、現在、仕事を進めるうえでも自信になっています。今の仕事でも思い通りにならいことは多々あるのですが、中途半端な状態で投げ出さず、最後まで責任を持ってやり切ろうと考えています。また、目標達成のためにチームワークが大切だということも学生時代に学んだことです。

Message

自分で考え、行動する人を求めている

ツリーベルは経験のない新人をいきなり一人でお客さまのもとに送り出すようなことはしません。必ずフォローする先輩のいる職場からスタートしてもらうので、そこは安心して飛び込んできてほしいと思います。そのうえでお伝えするとすれば、私が一緒に働きたいと思うのは、向上心の強い方です。指示されたことに従うだけではなく、自分で考え工夫して、さまざまなことを提案してくれ、行動する力のある人を求めています。自分の成長に会社を利用するという前向きな気持ちを歓迎します。