24時間365日稼働するシステムのネットワークの維持・変更作業を担う

システムサービス事業部
データオペレーションサービス部
Taiga Noda
2018年 新卒入社
東京工学院専門学校 
情報システム科

Work

障害検知の連絡を受け
指示を仰ぎ、迅速に対応

金融系データ通信システムのネットワークの維持作業、変更作業を担当しています。維持作業では、ネットワークの障害を検知すると別のグループから連絡が入るので、ログの中身を点検し、上位者にエスカレーションして指示を仰ぎ、その指示に基づいて対応します。お客さまの要望を受けて、回線の帯域変更等の作業も行っています。24時間365日稼働が当たり前なので、指示に基づいて正確に作業を進めています。

Vision

いずれはリーダー、マネージャーとして
プロジェクトを牽引したい

ツリーベルはキャリアアップに向けたフォローの手厚い会社です。自分一人で考えるのではなく、必ず上司がアドバイスしてくれて、一緒にキャリアを考えていけるところが魅力的だと思います。現在はSEとして作業していますが、いずれはプロジェクト・リーダーやプロジェクトマネージャーの立場で仕事がしたいと考えているので、知識や技術を計画的に深めていこうと思っています。当面は金融系のことを学ぶことが最優先ですが、将来的には他の分野も経験してみたいと思っています。

Action

ステップを踏んで伝える
ホウレンソウの大切さ

以前上司から、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)の仕方について指導を受けました。自分の頭では何も考えず「これ、どうしたらいいですか」と質問していたのですが、報告=状況を伝える、連絡=報告した内容について自分で考えた対応法を伝える、相談=その対応法でよいかを相談する、といったステップを踏んで質問するようにと言われたのです。すぐに改善できず苦労しましたが、最近はこれがスムーズにできるようになり、問題解決までの時間が短くなりました。

Company

新人研修、メンター制度で
先輩から丁寧な指導

初歩的なところから丁寧に指導してくれる新人研修があるので、ITの知識のない文系出身の学生さんも、問題なく業務に就くことができるところが、ツリーベルの強みではないでしょうか。また、メンター制度があり、1年間は先輩がついてくれて、なんでも気軽に相談することができます。現場常駐の仕事も多いのですが、新人がいきなり一人で常駐ということはありません。ツリーベルは案件をたくさん持っているので、新人は先輩のいる現場に配属され、指導を受けながら成長することができます。

College Days

学生時代にITパスポート資格を取得

私は専門学校の情報システム科で学んでいたので、学生時代にITパスポートの資格を取得しました。学生時代から基本情報処理技術者試験を受けるための勉強をコツコツと続けていたのも現在の業務に役立っていると思います。学生時代にLinuxに触れたり、基礎的なことを学んでいたので、新人研修はちょうどよい復習という感覚で受けることができました。

Message

必ず誰かと会話しながら進める仕事

ツリーベルでの仕事で最も大切なのは、コミュニケーション能力です。システムに関する仕事は、必ず誰かと会話しながら進めるものです。指示を受けたり、相談したり、あるいは連携したりということがスムーズにできないと、仕事になりません。そして次に必要なのが知識や技術です。ただし、知識や技術は入社してからも学ぶことができるので、コミュニケーション能力のある人、誰かと会話することが好きな人に入社していただければと思います。